前のページへトップページへホームへ次のページへ

(旧)大津営業所

大津営業所玄関
大津営業所玄関
平成5年6月に今の場所に移転するまでは、大津市民病院の隣に営業所がありました。
現在の大津市民病院本館と第一駐車場がある辺りです。
ここで視線を右に転じると『国道市民病院』(当時 現在の『大津市民病院』)のバス停が見えたことでしょう。今はなき6号経路(石山駅−国道−浜大津)の一部に、入出庫のため国道市民病院発着があった他、やはり今はなき8号経路に、休日ダイヤに限り、昼間に1本だけ上千町発国道市民病院行きがあり、ここで入庫していました。また、90年前後は、大津比叡平線(旧36号経路)の一部もここを起終点としていました。
大津営業所風景
大津営業所風景
奥の青い屋根の建物が事務所等であると思われる。
壁面には社紋が飾られていた。
大津営業所風景
大津営業所風景
奥に見えるのが大津市民病院。
大津営業所全景
大津営業所全景
撮影者の方は、大津市民病院から撮影したと思われます。
93年6月9日の日付があるので、移転(6月20日)の直前です。
大津営業所風景
大津営業所風景
路線車に混じって観光車も止まっています。
定期観光バスも
定期観光バスも
路線車に混じって観光車も止まっています。
写真のC-1603は滋賀ナンバーなので、当時は大津営業所が担当していたのでしょうか。

もし、視線を右に転じると、『市民病院前』のバス停のポールが見えたことでしょう。1日数本、8号経路(上千町行き)と、22号経路(石山団地行き)が発着する、白い部分ばかり目立つ時刻表が掲げられていました。近江鉄道バスと、2006年廃止された13号経路の『市民病院玄関前』のバス停の位置か、それよりもう少し奥、現在の市民病院第二駐車場寄りです
構内に入ってきた
構内に入ってきた
P-MP618Mと思われるメトロ窓のMPが見えます。
このタイプは大津に3輌いました。
カーテンつき、ハイバックシートの、現在のBタイプ車両とは比べ物にならない豪華車両で、大津比叡山線(旧30号経路)、大津比叡平線(旧36号経路)、京津国道線(旧46号経路)が主たる活躍の場でしたが、稀に石山方面の一般路線にも使われました。開設後間もない南郷中学校経由内畑行(旧53号経路)にいきなり充当されるという激レア運用もありました
夜の大津営業所
夜の大津営業所
丸っこいリアがたくさん並んでいます。
ホーム特別企画すこし昔の京阪バス写真集 > (旧)大津営業所
* 07/05/06
Copyright(C)2007 keihanbusfan.net  All Rights Reserved.